金属アレルギーと鮭アレルギー

金属アレルギーは2つの種類があります。まず金属接触アレルギーです。金属が直接皮膚に触れたり汗で溶けたりすると、イオン化して体内に侵入します。同じ場所に繰り返し金属に触れることで、水ぶくれや痒み、かぶれを引き起こし、慢性化すると治療が難しくなります。そして全身型金属アレルギーは、歯科金属や内服薬、食品に含まれる金属が原因で、口の粘膜や腸が金属を吸収して汗として皮膚から分泌される時に症状がでます。全身から分泌されるので、手のひらや足底に多く見られるのが特徴です。金属アレルギーになりやすいのがニッケルやコバルト、水銀、クロムなど安価なアクセサリーに使われる金属です。特に女性はアクセサリーを身につけることが多いので発症するリスクが高いです。一度金属アレルギーになると体質を改善するのが難しいため、ニッケルのアクセサリーを極力避け、金や銀、チタンなど安全性の高い金属を選びます。また汗をかく夏場はアクセサリーの着用を控えます。口の中に歯科金属を付けている場合は、金属が溶けないように常に清潔を保ちます。一方日本人に馴染み深い鮭もアレルギーの原因になることがあります。魚の筋肉に存在するパルアルブミンというタンパク質が原因で、魚の中では鮭の他にもタラやホッケ、カレイなどに含まれています。蕁麻疹や湿疹、かゆみなどの症状が現れ、鮭を食べて口の周りが赤くなったら発症している可能性が高いです。下痢や嘔吐、のどのイガイガ、症状が悪化するとショック症状を起こします。鮭アレルギーの対処法は鮭を食べないことが一番です。しかし一見鮭を使っていない加工品にも鮭をわずかに使っていることがあるので、症状の重い人は原材料を細かくチェックします。

ページの先頭へ戻る