アレルギーに効く錠剤をエクセルでまとめる

アレルギーに効果のある錠剤タイプの薬は数多くあるのでエクセルなどでまとめることで、自分の服用している薬を把握しやすいのですが、薬局などでもらうことができるお薬手帳などを利用すると全国の医療機関でデータを共有することができるので、飲み合わせなどのトラブルが起きにくくなります。アレルギーの症状を抑えるためには原因物質を特定することが非常に重要なので、定期的に医療機関を受診してパッチテストや血液検査を行って、自分がどのような物質に対してアレルギー反応を起こすのかを知っておくとアレルゲンを避けることができます。アレルギーは人間の体に生まれつき備わっている生体防御反応なので根本的な治療が非常に難しいとされていますが、減感作療法などによってある程度はコントロールができるようになっています。減感作療法はアレルゲンを少量ずつ定期的に体内に取り込むことでアレルギー物質に対する反応を弱めることが目的で、完全にアレルギー症状が出なくなるまでには2年近くの期間を要する場合もあります。喘息に対しては自律神経のバランスを整えることで、対処が可能であるとされていて、温度差やホコリ等の異物に対する反応を弱めることでアレルギー症状を軽減することができます。また体を鍛えることで免疫力が向上して喘息の原因の一つとなる風邪をひきにくくなるので、アレルギー体質をある程度改善することができます。国立相模原病院などでも体質の強化による喘息の克服に取り組んでいて、体力を向上させたり、温度差などの刺激に対する反応を弱めることで喘息の症状をコントロール出来るようになります。じんましんなどの症状に関しては、食材の鮮度が低下していると出やすいので、刺し身や鶏肉、青魚などは新鮮なものを食べるようにしなければなりません。

ページの先頭へ戻る