ももアレルギーは看護が必要

口腔アレルギー症候群の一つがももアレルギーです。モモを食べると口や喉がイガイガして刺激を受け、皮膚には蕁麻疹、目の痒みなど全身に症状が出ます。同じバラ科であるリンゴやさくらんぼでも同じような症状が出ることが多いです。最近はスムージーが美容や健康に良いと人気で普段から野菜や果物をたくさん食べる人が増えました。しかしその分アレルゲンに触れる機会が増えたので、遅延性アレルギーとして大人になってから発症する人もいます。ももアレルギーで注意するのが、アナフィラキシーショックを起こすことです。アナフィラキシーショックは必ず起こるわけではありませんが、呼吸困難など命に関わる急性症状が出るので、周囲の人が救急車を呼ぶなど適切な処置をしないといけません。原因不明の体調不良が実はモモによるものだと、気づかないうちに食べている可能性があるので、突然症状が出て本人も対処できなくなります。さらにモモは触れるだけでもアレルギー反応を見せる場合があります。モモは虫や病気から身を守るためにたくさんの産毛を生やしています。産毛が多いほど新鮮な証拠ですが、非常に細かくて一見ふんわりとしていても触るとチクチクします。これは小さな産毛が皮膚に刺さる痛みで、肌が弱い人はモモに触れると皮膚が真っ赤になったり腫れたりします。これらの人も実際に食べると口の中がピリピリする口腔アレルギーを持っています。モモアレルギーを治すにはモモを少しずつ食べて体を慣れさせる経口減感作療法が有効です。ただしアナフィラキシーショックなど重篤な症状が出る恐れがあるので、最初は入院や病院の診察室で周囲が見守る中、ごく微量を食べるなど慎重に行わなければなりません。

ページの先頭へ戻る